不動産担保ローンを利用してみて感じたこと

不動産の評価額が思ったよりよかった

多くの場合、不動産には住宅ローンなどの別の担保がついています。
もし、住宅ローンの残高がある状態で不動産担保ローンを利用しようと思っても、まず金融機関に断られるでしょう。
つまり、不動産を担保にする場合には、住宅ローン等が残っていると審査ですら通らないわけです。
ただ、金融機関のスタッフは多少住宅ローンが残っていてもそれほど大きな金額でなければ住宅を担保に入れてお金を借り入れることができるようです。
一般的に、住宅の価値に対して6割位のお金を借りることができます。
そのため、自分の家の住宅がいくらになるかわかれば、おおよそどれぐらいのお金を借りることができるか理解できるはずです。
そこで調べてみたのは、住宅全体の価値です。
住宅を建築して既に10年以上が経過しているため、それほど価値があると思いませんでした。
夫婦で、大して価値はないと想像していたのですが、実際はそれなりの価値がありました。
20,000,000円ほどの価値があったため、そのおよそ6割である12,000,000円ほどのお金を借りることができます。
ただ、それ以外の審査に通らなければお金を借りることができるわけではありません。

不動産担保ローンのことなら★あらゆる資金ニーズにお応えします。
抵当順位は問わず、共有持分のみ、借地権、底地、調整区域、再建築不可物件など、あらゆる不動産を融資対象としております。
| 生活に必要な、数々のショップ紹介 https://t.co/iZo2YmT4G3

— ピューチュ (@meayu220) February 7, 2021

不動産担保ローンにした理由不動産の評価額が思ったよりよかった負担のすくない借り入れが実現した