不動産担保ローンを利用してみて感じたこと

負担のすくない借り入れが実現した

審査は、形式的な内容のものだけの事はありますが、大きなお金を借りる不動産担保ローンの場合には、実印等も必要になってくるでしょう。
審査の時に心配だったのは、その時に必要最低限度の年収をクリアしているかでした。
会社員として10年以上を過ごしてきましたが、会社員のメリットの1つは、比較的早い段階でその人の状況を把握することができることです。
その結果審査自体はそれほど時間が掛からなかったです。
お金を借りるときに気になるのは、やはりどれぐらいの期間を経て審査が終わるかです。
結果的に私が利用したときには2週間ほどかかりましたが、時期によってはもう少し短い時もあるようです。
もし、不動産担保ローンを利用するときにアドバイスがあるとすれば、まず自分がいくら必要なのかよりも、不動産にどれぐらいの価値があるのかを把握しておくことでしょう。
不動産の価値は、住んでいてもなかなか解りません。
多くの場合、購入したときから何年か経過すると価値の変動が見受けられるわけです。
このように、価値の変動があった場合私の住宅のように価値が上がっていれば良いですが、そうでない場合もあるため注意をしなければならないところです。
今回利用したローンは、金利が比較的安く年間で2%程度でした。
これは、消費者金融などからお金を借り入れる場合の最低限をさらに下回っている状態です。
そのため、金利自体があまり大きな負担になる事はありませんでした。

不動産担保ローンにした理由不動産の評価額が思ったよりよかった負担のすくない借り入れが実現した